日本におけるオンラインカジノ産業 2022

日本では長い間、すべてのギャンブルが違法とされていました。1907年に制定された刑法は、主催者や参加者に巨額の罰金を科すだけでなく、実質的な懲役刑も科した。

このようなギャンブルに対する考え方は、地元のヤクザマフィアの活動と関係がある。日出ずる国の各地にある違法カジノを牛耳っていたのは、彼らである。

しかし、ここ数十年の間に状況は変わり始め、ギャンブルは影を潜めるようになった。さらに、今、日本ではカジノリゾートの建設が進んでおり、地元の人だけでなく、観光客も訪れるようになる。これまでの記事でもご紹介しています。

ギャンブルもお好きなんですか?その後、OnlineCasino-JP24.comに登録し、オンラインでプレイしてください。見どころはたくさんありますし、何より賞金の引き出しが迅速かつ簡単に行えます。

しかし、記事の主題に戻り、日本のギャンブル産業の状況についてもう少し詳しく説明しましょう。

日本における合法的なギャンブルの種類

現時点ではまだ、カジノやベットショップの開設は法律で禁止されています。しかし、日本人でも楽しめるギャンブルはある。

これらは、以下の通りです。

  1. 競馬
  2. 競輪
  3. バイクレース
  4. モーターボートレース
  5. スロット(パチンコ)。
  6. 宝くじ

このように、選択肢は限られるものの、かなり充実しています。ほとんどの日本人は、自分好みのものを簡単に見つけることができます。

日本ではオンラインギャンブルは合法ですか?

近年、オンラインギャンブルの人気が高まっています。そして、コロナウイルスの大流行によって、その地位は世界的にますます強固なものとなっています。

しかし、こうした流れとは裏腹に、日本におけるオンラインカジノはまだグレーゾーンにある。一方、日出ずる国には、そのようなサービスは設置・利用できない。一方、日本人は希望すれば、海外のオンラインカジノで法律に触れることなくプレイすることができる。

ベッティングショップも同様です。毎日、何千人もの日本人が海外のブックメーカーでスポーツに賭けています。

日本のカジノリゾートとギャンブルの合法化

数年前、日本政府は、ホテル、カジノ、会議場、レストランなどの施設を組み合わせたゾーンをいくつか作ることを決定しました。計画によると、これによって多くの雇用が生まれ、莫大な収入が得られるため、地域経済にも好影響を与えるという。

マカオには、年間約30万人の日本人がカジノを目的に渡航していると言われています。そこで7000万円以上のお金を使うのです。現地にカジノリゾートができれば、そのお金は国内に留まり、観光客も日本にやってくる。

カジノが合法化されるということでしょうか?はい、ただし、一定の制限は現地の方に残しておきます。まず、日本人がカジノに入るには、一人当たり約6,000円の入場料が必要である。次に、週3回以上のプレイは認めない。第三に、賞金に対して15%の税金を支払う必要があることです。

2025年までに最初のカジノリゾートがオープンする予定です。

日本におけるオンラインカジノ産業 2022